大切なロレックスをまかせるならここ!オーバーホール専門店NAVI
購入後のメンテナンスが肝心のロレックス。オーバーホール納得ガイド
ここがベスト!ロレックスのオーバーホール専門店
5選はこちら
体験談「大事なロレックスをオーバーホールしてみた!」
ロレックスオーバーホール専門店NAVI » 【ロレックスコレクション別】オーバーホールにかかる料金と期間 » GMTマスター

GMTマスター

GMTマスターの最大の特徴は、24時間表示の昼夜が一目で分かる2色に色分けされた回転ベゼルでしょう。

本格派パイロットウォッチとして誕生した「GMTマスター」

GMTマスターⅡでは、短信が独立可動することにより、第3時間帯も読み取れる工夫が凝らされています。

これらは同時に複数のワールドタイムを知る上で大変便利な機能であり、1960年代の発売当初は、パン・アメリカン航空がパイロット用の正式時計に採用していました。

GMTマスターは1999年に製造が中止されましたが、GMTマスターⅡとして今に受け継がれています。こちらは特徴的な青赤と黒赤ベゼルは廃止され、黒一色となっています。

GMTマスターのオーバーホール料金と期間

  • 修理専門店の場合
  • 費用:20,000〜35,000円

    期間:2週間〜1ヶ月程度

  • 日本ロレックスの場合
  • 費用:45,000円

    期間:1ヶ月〜3ヶ月程度

GMTマスターのオーバーホール・修理事例

  • GMTマスター Ref.1675
  • 料金:23,000円〜

    アンティークの部類に入るGMTマスターです。リューズ破損やベゼルの回転不良が見受けられました。風防やムーブメントで交換が必要な部分をオーバーホールで全て交換しています。

  • GMTマスターⅡ Ref.16710
  • 料金:33,480円(オーバーホール28,000円、ゼンマイ交換3,000円、パッキン交換、エンドピース変形修正)

    リューズを巻いてもすぐに止まってしまう症状が見られました。オーバーホール時にムーブメントの油切れやゼンマイ切れが見つかり、修理。その他にも裏蓋パッキンが劣化しているため交換し、さらにブレスレットの根元ががたついていたため、修正しました。

GMTマスターの弱点やよくみられる故障

さすがスポーツ時計の粋がこらされたGMTマスターは、欠点や弱点が見受けられません。しいて言うなら、ブレスレットがポリッシュ仕上げのため、細やかな傷が目立ちやすいことでしょう。

複雑な内部機構も頑強なオイスターケースに守られていて、通常使用している分には、壊れる心配も少なくなっています。

だからといって、ほおっておいてはいけませんよ。頑丈な時計であっても機械式時計ですから定期的なオーバーホールは必須です。

 
▲ページトップ
大切なロレックスを任せるならここ!オーバーホール専門店NAVI