大切なロレックスをまかせるならここ!オーバーホール専門店NAVI
購入後のメンテナンスが肝心のロレックス。オーバーホール納得ガイド
ここがベスト!ロレックスのオーバーホール専門店
5選はこちら
体験談「大事なロレックスをオーバーホールしてみた!」
ロレックスオーバーホール専門店NAVI » 【ロレックスコレクション別】オーバーホールにかかる料金と期間 » シードゥエラー

シードゥエラー

サブマリーナで人気を博したロレックスの防水時計をさらに進化させて大深度潜水を可能にしたのがシードゥエラーです。

ロレックス潜水時計の金字塔「シードゥエラー」

フランスの潜水専門会社であるコメックス社の協力により開発。飽和潜水時に発生する時計内部のヘリウムガスを排出するヘリウム・エスケープバルブを搭載。ケースはサブマリーナよりも分厚くなり、高い水圧にも耐えられるようになっています。

現行モデルは3,900Mの防水性があり、ウェットスーツ着用時でもストレスなく使用できるようにダブルエクステンションシステムをバックルに採用するなど、実用時計としての機能性を備え、潜水のプロたちからの信頼性に応えた時計です。

シードゥエラーのオーバーホール料金と期間

  • 修理専門店の場合
  • 費用:20,000〜40,000円

    期間:2週間〜1ヶ月程度

  • 日本ロレックスの場合
  • 費用:47,250円

    期間:1ヶ月〜3ヶ月程度

シードゥエラーのオーバーホール・修理事例

  • シードゥエラー Ref.1665
  • 料金:30,000円(オーバーホール22,000円、ゼンマイ交換5,000円、パッキン交換3,000円)

    オーバーホール時にゼンマイやリューズ周りのパッキン、裏蓋パッキンを交換。アンティーク物のオーバーホールは日本ロレックスで受付ない場合もあるが、専門店では対応可能なことも。料金も格安に。

  • シードゥエラー Ref.16600T
  • 料金:56,800円(オーバーホール34,800円、ガラス交換22,000円、パッキン交換)

    古くなったガラス、パッキン、角穴ネジをオーバーホール時に交換。超音波洗浄と簡易磨きにより見た目も綺麗になりました。

シードゥエラーの弱点やよくみられる故障

防水気密性をウリにしているシードゥエラーだけあり、リングロックシステムといった特殊な気密性を持っています。

ただし経年劣化によりパッキンが古くなってしまい防水性能が落ちてしまうのは避けられません。やはりシードゥエラーも定期的なオーバーホールを心がけ、故障やトラブルを避けるようにしてください。

 
▲ページトップ
大切なロレックスを任せるならここ!オーバーホール専門店NAVI